非電化工房住み込み弟子日記2017

09«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 /  Trackback -- /  Comment --

△page top

春夏野菜の植え付けとアースデイに向けて 

こんばんは、岩田です。
5/1~5/10までの活動を報告します。

アースデイ那須までのこり10日となりました。
このタイミングで先生は非電化工房ソウルの指導のため韓国へ……。
アースデイまでにタンドールと屋台を作製し、タンドリーチキンとナンとカレーを美味しく作れるようにならなければなりません。
もちろん農作業もこなさないといけませんし、土日はカフェ営業もあります。

やることがいっぱいありすぎて弟子はてんやわんやしております(笑)
果たして、いろいろ間に合うのでしょうか……。


■農業
ようやく春夏野菜の種まきと苗植えをしました。
種まきは直接畑にまく「直まき」とポットなどにまく「箱まき」を行いました。

IMG_5870.jpg
直まき。大根は40cmほど穴をあけて肥料を埋め込んでおく必要があり、大変な作業でした。

IMG_5836.jpg
箱まき

IMG_5843.jpg
苗植え

IMG_5840.jpg
ジャガイモは昨年収穫されたものを埋めました。

IMG_5842.jpg
水まき

IMG_5911.jpg
早くも芽が出てきた作物も!これは白かぶです。自然は偉大ですね。


■工作
タンドールを製作中です。アースデイでナンとタンドリーチキンを焼きます。
タンドールは2つのつぼを重ねて作ります。
今回は時間の都合により、つぼは購入してきました。今度はつぼから作りたいところ。

IMG_5879.jpg
給気孔を通す穴を空けています。

IMG_5899.jpg
給気孔装着

IMG_5904.jpg
断熱材としてパーライトをつぼ間につめ、セメントでふたをします。


■建築
アースデイ用の屋台を製作中です。
ひとまず土台が完成しました。
あとは壁、扉、窓、天井とまだまだ先が長い・・・!

IMG_5906.jpg

IMG_5908.jpg


■おまけ
□お客様
4月の見学会に来られた方が一日作業体験をされていきました。
先生とお話するだけの予定が、農作業をすることになり、さらに一泊することになりました(笑)
非電化工房はテーマパークのため、お客様はいつでも大歓迎です!

IMG_5856.jpg
トマト用のビニールハウスの組み立ても手伝っていただきました。

IMG_5912.jpg
遠くから。非常に小さいビニールハウスの完成です。

IMG_5868.jpg
急遽宿泊が決まったため、コンタクトの洗浄液をDIYすることに!
煮沸した水と塩で簡易のものが作製できるようです。
また、天気の都合でソーラーパネルの発電がうまくいかなかったため、停電体験もしていただきました(笑)
何かの儀式をしているみたいですね。

□看板鶏
弟子が住んでいる合宿所に、非電化工房の看板鶏、キッキちゃんが遊びに来ました。
鶏小屋からは100mほどあるのですが、彼女にとっては大冒険だったことでしょう……。

IMG_5873.jpg
キッキちゃん

□侵入者
畑作業が一段落ついたところに侵入者がやってきました!
苗をかじったり、踏んだりと悪いやつです!!
(つれてきたのは先生の奥さん、百合子さんですが)

IMG_5860.jpg
看板ヤギのペーター

IMG_5861.jpg
悪さをしたため、強制連行されていきました。

□Gallery Barn
休みには非電化工房のツリーハウスの参考になった、おしゃれな鳥小屋を展示しているGallery Barnへ訪問しました。
なんと、多いときで月に100個は作るようで、毎回違うデザインにするとのこと。

IMG_5885.jpg
Gallery Barn

IMG_5887.jpg
枠にとらわれないさまざまな鳥小屋が展示・販売してあります。

IMG_5888.jpg
森に設置すると、鳥が卵を羽化させにやってくるようです!

IMG_5891.jpg
リアルな鳥の模型もあります。


それではまた来週。
スポンサーサイト
未分類 /  Trackback -- /  Comment 0

△page top

« アースデイ準備~アースデイ本番  |  田んぼとカフェ »

コメント

△page top

コメントの投稿

Secret

△page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。