非電化工房住み込み弟子日記2017

05«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07

田んぼとカフェ 

こんばんは。岩田です。
今週(4/25-4/30)は畑に加えて田んぼの荒起しとカフェの特訓をしました。
本当は5/20-21のアースデイ那須に向けて、タンドールおよび屋台作り、タンドリーチキン・ナン作りをしておきたいのですが・・・

農業は待ってくれない by先生

ため、ひとまず農作業を優先して行っています。
次週からはいよいよ種まきと苗植えが始まります!

■農業
畑はトラクターを使った畝立てが完了したため、次は鍬(くわ)デビューしました。
IMG_5790.jpg
トラクターで作る畝はとんがりすぎるので、鍬を使って台形になるように少し崩したり、畝の間を平らにします。
畝を整えた後、土壌の酸性度合いを調整しました。(pH調整:詳しい情報はこの辺を参照)

土壌の酸性度合いとその影響については以下のとおりです。(上記リンクより)
・酸性が強い場合
 野菜の根が傷む、根がリン酸を吸収しにくくなる。
・アルカリ性が強い場合
 マグネシウムや鉄などのミネラルの吸収が妨げられ、野菜の育ちが悪くなる。また、病気もでやすくなります。

作物の種類によっては酸性を好むものやアルカリ性を好むものがありますが、幅広く対応できるように基本的には中性にしておきます。
今回は土壌が酸性に傾いていたため、苦土石灰をまいてアルカリ性の度合いを高めて中和しました。


畑が一段落着いてから、田んぼの作業に移りました。
IMG_5808.jpg
こちらがその田んぼ。2反分(たんぶ、2000平米≒600坪)の広さです。
畦(あぜ、田んぼ脇の通路)の草刈と荒起しを行いました。

IMG_5807.jpg
エンジン刈払機でばったばったと雑草をなぎ倒しました。

田んぼは収穫を終えた後、藁(わら)・籾(もみ)・糠(ぬか)などの分の栄養がなくなるため、取った分また補充してあげます。
藁と籾は保管してあるのですが、糠は精米時に捨ててしまっていたため、
女性陣と先生が糠を集めるためにコイン精米所を7軒程度はしごしたとかどうとか(笑)
今は田植えシーズンのため、糠争いが勃発しているようですね。

■カフェ
今まで教わったドリンクの淹れ方を総復習しました。
また、那須もやっと暖かくなってきたため、アイスコーヒーとアイスティーの淹れ方を教わりました。

IMG_5812.jpg
アイスコーヒー。ホットより濃い目に煎るため、氷で薄まってもしっかり味がします。

さらに、シフォンケーキの出し方も教わりました。
IMG_5819.jpg
非電化工房特製のこだわりシフォンケーキ。
大きめにカットしたふっくらシフォンケーキは紅茶味で、クリームにはブランデーが含まれています。
さらに、自家製ブルーベリーのジャムと綺麗な花を添えて彩りよくします。
ひいきではなく、これで500円は結構コスパが高いと思います。ドリンクとセットで800円です。ぜひご賞味あれ。


■工作
雨の日メニューとして野菜ストッカー作りをしました。
切り出したパーツを組んでみたものの、パーツの大きさにずれがあったり、ちょうつがい(パカパカ開く部分)の位置が悪かったりしたため、やり直すことに。
初めてのため当然ですが、まだまだ修行が足りません。

IMG_5788.jpg
なんとか形ができ、極端なでこぼこがない状態にはなりました。
あとは全体のやすりがけと着色が残っています。また雨の日に引き続き作業します。


■おまけ
□マ○オカート?
IMG_5804.jpg
トラクターで田んぼに向かっている様子。後ろから追いかけてると、なんだかレースをしている気分になりました(笑)


□看板ヤギのペーター
IMG_5817.jpg
非電化カフェの前にはヤギ小屋があります。
こちらが看板ヤギのペーター(♂)。
とても人懐っこく、愛嬌があります。

そして、先生のことが大好き。
IMG_5794.jpg

よく戯れています。まるでアルプスの少女的アニメのワンシーンのように。
スポンサーサイト
未分類 /  Trackback -- /  Comment 0

△page top

« 春夏野菜の植え付けとアースデイに向けて  |  畑作業とイベント他 »

コメント

△page top

コメントの投稿

Secret

△page top