非電化工房住み込み弟子日記2017

04«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»06

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 /  Trackback -- /  Comment --

△page top

アースデイ準備~アースデイ本番 

こんばんは、岩田です。
忙しい日々がつづき、1週間更新が空いてしまいました。
2週間分の活動を報告します。

この2週間は、アースデイ那須にはじまり、アースデイ那須に終わりました。
悪戦苦闘しましたが、なんとか無事に終わり、ほっとしています……。

■農作業
どんだけ忙しくても、農業は待ってくれないため、野菜の世話もがんばりました!
そのおかげか、まいた種が続々発芽してきました。
IMG_6071.jpg
こちらはじゃがいも。いもをそのまま埋めたからか、とてつもない勢いで発芽しました。

もともと発芽していたものも、この2週間でここまで成長しました。
IMG_5935.jpg
ルッコラbefore

IMG_6041.jpg
ルッコラafter

そして、初の間引き。やっと自分が育てた野菜が食べられるようになって嬉しいです!

IMG_6042.jpg
ルッコラとフレンチ・ブレクファスト。


水遣りはなるべくかかさずやっているので野菜は順調に成長しています。
しかし、間引きや雑草刈り、追肥、支柱たてなどまだまだやることはたくさん……。
まだ田んぼが未着手なのも非常に気がかりです。
これから時間を割いていきたいところ。


■工作
先日作製したタンドールで実際にナンを焼きました。

IMG_5970.jpg
伝わりますか、この躍動感。
300度以上になる壷内に手を入れてナンを貼り付け、薄くのばします。

IMG_5925.jpg
うまく焼けなかったナン。

初めはタンドールの温度が低かったり、生地が厚くなったりと、さまざまな原因によってうまく焼けませんでした。
それからアースデイ本番まで1週間ほど毎晩練習し、なんとか上達することができました!


■建築
当日朝まで作業をし、なんとか屋台を出店できる形まで作りあげました。
今回の屋台はツーバイ工法またはパネル工法と呼ばれるやり方で作製しました。
前面・裏面・側面等のパネルを作製して一気に組み合わせます。

IMG_5928.jpg
こちらは裏面パネル。

IMG_5934.jpg
棚がついた枠に↑のパネルを貼り付けます。

このように作製したパネル一枚一枚を前回の記事でお見せした土台に乗せます。

IMG_5980.jpg
土台

IMG_5981.jpg
パネル単体で見るとただの板でしたが、土台にすべて乗ると急に建築物らしくなりました!

IMG_5983.jpg
入り口側。扉がつく前です。

IMG_5993.jpg
ひさしがついてさらに屋台っぽく。

IMG_5999.jpg
屋根をつけ、全体を白く塗りました。

この後扉をつけてバタバタアースデイの会場へ。。。


■アースデイ那須
2週間ほど毎日バタバタしながら準備を頑張り、やっとの思いで完成させた屋台・タンドール・インド料理(ナン・タンドリーチキン・カレー)を存分に振舞いました!

IMG_6004.jpg

IMG_6034.jpg
非電化工房のブース。手作りの屋台・タンドールとソーラーフードドライヤーのデモが目を惹きつけます。

IMG_6014.jpg

IMG_6012.jpg
ナンとカレーとタンドリーチキンのセットで1000円で販売しました。
ナンとカレーだけなど、お客様の要望に沿って値段を変えての提供もしました。
ナンの試食を配ったり、時間のあるお客様には実際にナンを焼いてもらったりと、率先してお客様の心をつかんでいきました(笑)


IMG_6006.jpg
アースデイの様子。1日80店舗ほどが出店していました。
真ん中のステージでは各団体のライブや"すこやか"にまつわるさまざまなイベントが行われていました。

IMG_6007.jpg
イベントのタイムスケジュール

当日は2日間とも気温が30度近く、とても暑かったです。
その上300度以上にもなるタンドールの前でナンを焼いていたため、ひたすら暑かった印象が残っています。
さまざまなトラブルが起こり、一時はどうなるかと思いましたが、兄弟子をはじめ様々な人たちの手助けのおかげで無事に出店ができ、いいお祭り日和となりました。

■おまけ
アースデイで溜まった疲れを癒すため、先日の休日は八幡崎へつつじを見に行ってきました。

IMG_6047.jpg
まだ一面ピンクというわけではありませんでしたが、十分に綺麗で見ごたえがありました。

IMG_6056.jpg
アースデイやりきったぞー!というポーズ。


それでは今度こそまた来週。
スポンサーサイト
未分類 /  Trackback -- /  Comment 0

△page top

春夏野菜の植え付けとアースデイに向けて 

こんばんは、岩田です。
5/1~5/10までの活動を報告します。

アースデイ那須までのこり10日となりました。
このタイミングで先生は非電化工房ソウルの指導のため韓国へ……。
アースデイまでにタンドールと屋台を作製し、タンドリーチキンとナンとカレーを美味しく作れるようにならなければなりません。
もちろん農作業もこなさないといけませんし、土日はカフェ営業もあります。

やることがいっぱいありすぎて弟子はてんやわんやしております(笑)
果たして、いろいろ間に合うのでしょうか……。


■農業
ようやく春夏野菜の種まきと苗植えをしました。
種まきは直接畑にまく「直まき」とポットなどにまく「箱まき」を行いました。

IMG_5870.jpg
直まき。大根は40cmほど穴をあけて肥料を埋め込んでおく必要があり、大変な作業でした。

IMG_5836.jpg
箱まき

IMG_5843.jpg
苗植え

IMG_5840.jpg
ジャガイモは昨年収穫されたものを埋めました。

IMG_5842.jpg
水まき

IMG_5911.jpg
早くも芽が出てきた作物も!これは白かぶです。自然は偉大ですね。


■工作
タンドールを製作中です。アースデイでナンとタンドリーチキンを焼きます。
タンドールは2つのつぼを重ねて作ります。
今回は時間の都合により、つぼは購入してきました。今度はつぼから作りたいところ。

IMG_5879.jpg
給気孔を通す穴を空けています。

IMG_5899.jpg
給気孔装着

IMG_5904.jpg
断熱材としてパーライトをつぼ間につめ、セメントでふたをします。


■建築
アースデイ用の屋台を製作中です。
ひとまず土台が完成しました。
あとは壁、扉、窓、天井とまだまだ先が長い・・・!

IMG_5906.jpg

IMG_5908.jpg


■おまけ
□お客様
4月の見学会に来られた方が一日作業体験をされていきました。
先生とお話するだけの予定が、農作業をすることになり、さらに一泊することになりました(笑)
非電化工房はテーマパークのため、お客様はいつでも大歓迎です!

IMG_5856.jpg
トマト用のビニールハウスの組み立ても手伝っていただきました。

IMG_5912.jpg
遠くから。非常に小さいビニールハウスの完成です。

IMG_5868.jpg
急遽宿泊が決まったため、コンタクトの洗浄液をDIYすることに!
煮沸した水と塩で簡易のものが作製できるようです。
また、天気の都合でソーラーパネルの発電がうまくいかなかったため、停電体験もしていただきました(笑)
何かの儀式をしているみたいですね。

□看板鶏
弟子が住んでいる合宿所に、非電化工房の看板鶏、キッキちゃんが遊びに来ました。
鶏小屋からは100mほどあるのですが、彼女にとっては大冒険だったことでしょう……。

IMG_5873.jpg
キッキちゃん

□侵入者
畑作業が一段落ついたところに侵入者がやってきました!
苗をかじったり、踏んだりと悪いやつです!!
(つれてきたのは先生の奥さん、百合子さんですが)

IMG_5860.jpg
看板ヤギのペーター

IMG_5861.jpg
悪さをしたため、強制連行されていきました。

□Gallery Barn
休みには非電化工房のツリーハウスの参考になった、おしゃれな鳥小屋を展示しているGallery Barnへ訪問しました。
なんと、多いときで月に100個は作るようで、毎回違うデザインにするとのこと。

IMG_5885.jpg
Gallery Barn

IMG_5887.jpg
枠にとらわれないさまざまな鳥小屋が展示・販売してあります。

IMG_5888.jpg
森に設置すると、鳥が卵を羽化させにやってくるようです!

IMG_5891.jpg
リアルな鳥の模型もあります。


それではまた来週。
未分類 /  Trackback -- /  Comment 0

△page top

田んぼとカフェ 

こんばんは。岩田です。
今週(4/25-4/30)は畑に加えて田んぼの荒起しとカフェの特訓をしました。
本当は5/20-21のアースデイ那須に向けて、タンドールおよび屋台作り、タンドリーチキン・ナン作りをしておきたいのですが・・・

農業は待ってくれない by先生

ため、ひとまず農作業を優先して行っています。
次週からはいよいよ種まきと苗植えが始まります!

■農業
畑はトラクターを使った畝立てが完了したため、次は鍬(くわ)デビューしました。
IMG_5790.jpg
トラクターで作る畝はとんがりすぎるので、鍬を使って台形になるように少し崩したり、畝の間を平らにします。
畝を整えた後、土壌の酸性度合いを調整しました。(pH調整:詳しい情報はこの辺を参照)

土壌の酸性度合いとその影響については以下のとおりです。(上記リンクより)
・酸性が強い場合
 野菜の根が傷む、根がリン酸を吸収しにくくなる。
・アルカリ性が強い場合
 マグネシウムや鉄などのミネラルの吸収が妨げられ、野菜の育ちが悪くなる。また、病気もでやすくなります。

作物の種類によっては酸性を好むものやアルカリ性を好むものがありますが、幅広く対応できるように基本的には中性にしておきます。
今回は土壌が酸性に傾いていたため、苦土石灰をまいてアルカリ性の度合いを高めて中和しました。


畑が一段落着いてから、田んぼの作業に移りました。
IMG_5808.jpg
こちらがその田んぼ。2反分(たんぶ、2000平米≒600坪)の広さです。
畦(あぜ、田んぼ脇の通路)の草刈と荒起しを行いました。

IMG_5807.jpg
エンジン刈払機でばったばったと雑草をなぎ倒しました。

田んぼは収穫を終えた後、藁(わら)・籾(もみ)・糠(ぬか)などの分の栄養がなくなるため、取った分また補充してあげます。
藁と籾は保管してあるのですが、糠は精米時に捨ててしまっていたため、
女性陣と先生が糠を集めるためにコイン精米所を7軒程度はしごしたとかどうとか(笑)
今は田植えシーズンのため、糠争いが勃発しているようですね。

■カフェ
今まで教わったドリンクの淹れ方を総復習しました。
また、那須もやっと暖かくなってきたため、アイスコーヒーとアイスティーの淹れ方を教わりました。

IMG_5812.jpg
アイスコーヒー。ホットより濃い目に煎るため、氷で薄まってもしっかり味がします。

さらに、シフォンケーキの出し方も教わりました。
IMG_5819.jpg
非電化工房特製のこだわりシフォンケーキ。
大きめにカットしたふっくらシフォンケーキは紅茶味で、クリームにはブランデーが含まれています。
さらに、自家製ブルーベリーのジャムと綺麗な花を添えて彩りよくします。
ひいきではなく、これで500円は結構コスパが高いと思います。ドリンクとセットで800円です。ぜひご賞味あれ。


■工作
雨の日メニューとして野菜ストッカー作りをしました。
切り出したパーツを組んでみたものの、パーツの大きさにずれがあったり、ちょうつがい(パカパカ開く部分)の位置が悪かったりしたため、やり直すことに。
初めてのため当然ですが、まだまだ修行が足りません。

IMG_5788.jpg
なんとか形ができ、極端なでこぼこがない状態にはなりました。
あとは全体のやすりがけと着色が残っています。また雨の日に引き続き作業します。


■おまけ
□マ○オカート?
IMG_5804.jpg
トラクターで田んぼに向かっている様子。後ろから追いかけてると、なんだかレースをしている気分になりました(笑)


□看板ヤギのペーター
IMG_5817.jpg
非電化カフェの前にはヤギ小屋があります。
こちらが看板ヤギのペーター(♂)。
とても人懐っこく、愛嬌があります。

そして、先生のことが大好き。
IMG_5794.jpg

よく戯れています。まるでアルプスの少女的アニメのワンシーンのように。
未分類 /  Trackback -- /  Comment 0

△page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。